メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

商品カテゴリーから選ぶ

キーワードから探す

商品数:0

合計:0円

カゴの中を見る

ショッピングサイトトップ>> 中国茶について

中国茶とは、中国大陸や台湾で作られるお茶です。
お茶に関して中国最古の記述は、漢の時代にまでさかのぼると言われています。
さらに中国の伝説では、紀元前の昔からお茶は人々に飲まれていたとも。
現在世界中で愛飲されている中国茶。こちらでは、バラエティ豊かな中国茶をご紹介したいと思います。
その昔、嗜好性の強い飲み物というよりは、薬としての役割を担っていたお茶。
そのお茶も嗜好性を高め、数千種類にも分類されると言われるほど、種類が増えてきました。
バラエティ豊かな中国茶を製法別に青・黒・緑・紅・白・黄の6種類に大きく分けられ、現在ではこれを六大茶類と呼んでいます。
また、これに花茶をプラスして、七大茶とするのがもっともポピュラーだと言われています。
緑茶 龍井茶・黄山毛峰・碧螺春 など
白茶 白牡丹・白毫銀針 など
黄茶 君山銀針など
青茶 烏龍茶・鉄観音・黄金桂・凍頂烏龍茶など
紅茶 キーマン紅茶等
黒茶 普洱(プーアール)茶等

緑茶

中国緑茶は、茶葉を摘み取った後、茶葉を蒸さずに釜炒り(加熱処理)を行い、酸化発酵をしない無発酵茶です。
日本の緑茶と違い、揉捻(じゅうねん:もみ込む工程)を余りやらないので、お茶の成分が出にくいという特徴があります。
その為、日本の緑茶が60度程の温めのお湯で飲むのに対して、中国緑茶は熱湯で入れて頂きます。

白茶

茶葉の若葉や芽を摘んで、少しだけ発酵させてから乾燥させたお茶です。(弱発酵)
六大茶類の中で、揉捻(じゅうねん:もみ込む工程)を行わないのは、白茶だけ。中国茶の中でも、シンプルな工程で作られています。
揉捻の工程がないので、ゆっくりと発酵が進みます。
白茶の名前の由来にもなった、白い産毛の様なものが若葉に生えて見えるのが特徴です。

黄茶

清の皇帝も愛飲していたと言われる黄茶は、希少価値が高く、高価なものが多い。
黄茶の名の通り、茶葉の色や、お茶の色が美しい黄色い色が出るのが特徴。それは黄茶独特の悶黄という熟成工程によるものと言われています。
殺青(さっせい:途中で発酵を止める)→揉捻(じゅうねん:もみ込み工程)→悶黄(もんおう:高温多湿の状態でポリフェノールなどの成分が酸化する)などの工程を経て作られています。

青茶

緑茶が発酵をさせない無発酵茶に対して、青茶は半発酵させて作ります。
お茶によって発酵の度合いは異なりますが、その工程により茶葉が銀青色に変化することから、青茶と呼ばれています。

紅茶

茶葉を乾燥させてから、丹念に揉捻(じゅうねん:もみ込む工程)を行い、酸化発酵を最後まで行ったお茶です。
広く知られている紅茶は、その名の通り赤いお茶が出るところから名づけられています。
中国紅茶には、煙で燻されたような(実際に燻しているのも有る)独特の風味の紅茶が多く作られています。

黒茶

加熱処理を行った後、麹カビによって後発行を行わせたお茶。
六大茶類の中では、唯一微生物を使った発酵を行っているお茶です。
他のお茶と違い、新鮮なものより長期間発酵させたものの方が珍重されます。