翡翠と中華雑貨の萬来行/花茶とは


メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

商品カテゴリーから選ぶ

キーワードから探す

商品数:0

合計:0円

カゴの中を見る

ショッピングサイトトップ >>中国茶について>>花茶とは

花茶の歴史は諸説ありますが、現在と同じ様に花弁の香りを移す製法が確立したのは、明の時代と言われています。
そして、花茶には大きく分類すると三つに分けられます。
香りを吸着させるというお茶の特性を生かして、花の香りを茶葉に移したものや、花そのものを乾燥させ、ハーブティーの様に飲むもの。
また、茶葉に花弁を混ぜるもの。始めの二つを混ぜた様なお茶です。
その中には、乾燥させた花を茶葉で縛って、お湯を入れた時に花が咲いたようになる工芸茶というものもあります。
花の香りをお茶に移したもの ジャスミン茶など
花そのものを煎じて飲むもの 薔薇茶桂花(キンモクセイ)茶など
乾燥した花と茶葉を混ぜたもの
中国工芸茶
薔薇紅茶・一部ジャスミン茶・桂花烏龍茶など。
双龍戯珠心心相印世界冠軍など

花の香りをお茶に移したもの

例えばジャスミン茶のようにジャスミンの花を茶葉に混ぜ、香りを移す作業(印花)を3回から7回程繰り返します。
通常のジャスミン茶であれば、3回ほどの印花ですが、高級さを増すごとに印花の回数も増えていきます。
また、高価なジャスミン茶になると、茶葉に混ぜずに茶葉と花弁の間に薄い紙を挟み、じっくり時間をかけて香りを移す製法も有ります。

花そのものを煎じと飲むもの

薔薇や金木犀、ジャスミン、菊などの花を乾燥させてたものに、熱湯を注ぎ頂くお茶。
元々は、お茶と言う嗜好品としての飲料ではなく、漢方から由来していると言われています。
これら単品でも飲むことも有りますが、他のお茶(プーアールや紅茶、ウーロンなど)に混ぜて飲むことも。

茶葉と花を混ぜたもの

薔薇やジャスミン、金木犀などの花が使われます。
但し、ジャスミン茶のように、香りそのものを茶葉に移す製法のお茶に、花弁自体が多く入っているものは、茶葉の質を花の香りでごまかそうとした物が多く、お茶自体の品質は余り良くないとされています。

工芸茶

中国工芸茶は、中国で80年代に考案されたと言われています。
熱湯を注ぐと、茶葉の束から可愛らしい花が開きます。
一つ一つ手作りされた『香り・見た目・味わい』と三倍楽しむことのできる贅沢なお茶です。