商品カテゴリーから選ぶ

キーワードから探す



メールアドレス

パスワード

パスワードを忘れた方はこちら

商品数:0

合計:0円

カゴの中を見る

翡翠について

ショッピングサイトトップ >>翡翠について

翡翠は、中国では五徳(仁・義・礼・智・勇)を高めるとされており、その昔は金やダイヤモンドよりも高価な宝石として重んじられていたこともあります。
翡翠はダイヤモンドやルビー、サファイアなどの宝石に比べ、派手さでは少し見劣りするかもしれませんが、アジア人、特に日本人にはこのしっとり感、滑らか感、色合い、美しさ等がたまらなく心を和ませてくれる天然石なのかもしれません。
是非翡翠の魅力を堪能してみませんか。

翡翠は硬玉(ジェイド・ジェイダイド)と軟玉(ネフライト)に分けることができます。
これは石を構成している化学組成の違いによるもので、どちらも翡翠と言われていますが、厳密に言うと全く別の鉱物になってしまいます。

■硬玉(ジェイダイト)

本翡翠と呼ばれています。
現在世界的に宝石として認知されている『翡翠』は硬玉(ジェイダイト)の方。
純粋な硬玉(ジェイダイト)は、白色ですが、鉄・クロム・チタンなどの含有量によって、緑や紫色に変化します。

■軟玉(ネフライト)

硬度が硬玉(ジェイダイト)よりもわずかに低い翡翠、ネフタイト。
中国ではネフライトしか採れなかった為、古代から宝石として使われていたのは、こちらの方。
元々『翡翠』とは、カワセミの意味で、最高級品とされた軟玉の色合いが、カワセミの羽に似ているところから由来しているようです。
しかし、18世紀以降ミャンマーより硬玉が輸入されるようになると、主流は硬玉に変わって行き、現在に至っています。
中国で安価で取引されている翡翠は、軟玉ですが、白く透明感のある軟玉は、硬玉よりも価値が有るとされ羊脂玉として高値で取引されているようです。

翡翠には、様々な色が有ります。
『翡翠の種類』でも記しましたが、翡翠に含まれている鉱物の含有量や、不純物などで色が変化していきます。 大きく分けると15色程度になると言われ、半透明・白・桃・ラベンダー・蒼・黒・黄色・橙・赤橙などが有ります。

主に古来の中国で、皇帝や皇族などの裕福な階級の人々に愛されてきた翡翠は、持ち主の身代わりになってくれる『魔除けの天然石』としてもとても有名で、邪気や厄・災難を取り除き、徳を高めて幸運を呼び、願い事を叶え、商売繁盛、家内安全、交通安全などの意味が有ると言われています。
また、5月の誕生石としてエメラルドと同様に数えられています。